はじめてのお客様へ

障害年金研究室のホームページをご覧いただきありがとうございます。

このサイトをご覧いただいている方は、障害年金の請求をお考えの方、あるいは、ご自分がまたはご家族などがケガや病気をしている、障害を持っているという方が多いのではないでしょうか。

障害年金というと、「聞いたことはあるが、詳しい内容は知らない」というのが一般的でしょう。
障害年金を請求したり、検討する状況がなければ知ろうとは思わないし、知らなくても全然問題ないのです。

しかし、ご自分があるいはご家族が障害の当事者となってしまったときは、「知らない」ではすまされません。

公的年金制度については、老齢年金、障害年金、遺族年金とありますが、その一つ一つが法律で規定されていますから少し専門的で難しいと言えます。
特に、障害年金は、病気や怪我を保険事故とする特殊な分野で難しいのです。

そこで、このサイトは、障害年金に関する実例と情報の提供と障害年金に関して悩みをお持ちの方の支援を行っていくために立ち上げました。
少しでもお客様の参考になれば幸いに存じます。



年金手続きの窓口となる年金事務所の担当者の方は、障害年金のほか、老齢年金や遺族年金など年金の様々な制度に対応しています。
したがって、障害年金に特化して詳しい窓口担当者の方はそれほど多くありません。
また、申請される方も窓口で説明を一度聞いただけでは、よく理解できず、結果的に自分の障害状態が適切に反映しない不完全な申請となってしまうこともよくあります。

障害年金の手続きををご自分で準備されていると、申請書類が多く、どう記載したらいいのか迷うこともあるでしょう。
初診の時期がずいぶん昔にある方などは、書類を入手できず、手続が行き詰っていることもあると思います。

さらに、障害年金の決定に対する不服がある場合に行う審査請求や再審査請求などは、非常に専門的であり書類の作成が難しいといえます。

私どもは、障害年金の手続が不安な方について以下の業務を代行しております。

●障害年金の申請代行
●額の改定請求代行
●支給停止事由消滅届代行
●審査請求・再審査請求など不服申立ての代理
・・・など

まずは無料相談からお気軽にご連絡ください。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ