Q.社労士に依頼した場合の料金の支払いなどについて教えてください

障害年金研究室での料金は以下になります。

裁定請求事務手数料10,000円
事後重症の場合年金決定額の10%(+消費税)
障害認定日に遡って支給決定された場合年金決定額の10%+初回年金振込額の7%(+消費税)
審査請求着手金:35,000円
成果報酬:次の①または②の額の高いほうの金額
① 年金決定額の2か月分相当額+消費税
(ただし、12万円以下の場合は12万円となります。)

決定後初回年金振込額の15%+消費税
再審査請求着手金:70,000円
成果報酬:次の①または②の額の高いほうの金額
年金決定額の2か月分相当額+消費税
(ただし、12万円以下の場合は12万円となります。)
決定後初回年金振込額の15%+消費税
額改定請求事務手数料10,000円
3級→2級:(額改定後年金額-従前年金額)×10%(+消費税)
2級→1級:(額改定後年金額-従前年金額)×15%(+消費税)
更新代行料:25,000円(+消費税)
支給停止事由消滅届代行事務手数料10,000円
(支給停止解除年金額)×10%(+消費税)


※各項目の詳細な内容につきましては取扱業務と料金のページをご覧ください



お支払いのタイミング

1.事務手数料
契約時に10,000円をお願いしております。

2.成果報酬
障害年金の受給が決定した際に発生します。
ご依頼者様の口座に初回の障害年金が振り込まれた日から1週間以内にお振り込みをお願いしております。

3.診断書などの代理取得
弊事務所で診断書等の代理取得が発生する場合は診断書料金として、事前に1万円をお預かりさせていただきます(実費から差額が発生した場合は差額分を返金いたします。お預かり金で文書料が不足する場合は差額をご請求させていただきます。お客様の負担分は文書実費についてのみです)