Q.障害年金に強い社労士に手続きを依頼するメリットを教えてください

障害年金の手続きを行おうとお考えの方にとって「自分で手続きをするか」「社労士に依頼するか」は悩ましい問題です。

自分で手続きするとタダですが不安が残ります。一方、障害年金専門の社労士に依頼するとお金がかかりますが手続きのわずらわしさを解消できます。

そこで「社労士に依頼する」メリットは何かということですが、お客様の御意見を伺うと、「年金事務所に何度も行く手間がはぶける」「難しい書類を作成しなくてもよい」「重荷になっていた手続きをまかせることで心が落ち着く」などの答えが返ってきます。

それももちろん大きなメリットですが、障害年金を専門に取り扱う私が考えるメリットは次の二つです。

お客様の実情に即した精度の高い裁定請求時提出書類を作成することができる

障害年金の決定は書類審査のみで行われます。したがって面談などを行うわけではないので提出する書類が大変重要です。
病状が障害認定基準に該当しているかについては病気の症状や日常能力の評価などを見られます。これらは下記の書類から判断されます。

・受診状況等証明書
・診断書
・病歴就労状況申立書


受診状況等証明書と診断書は医師の作成ですが、病歴就労状況申立書については社労士が作成することは大きなメリットになると考えます。
当事務所では丁寧にヒアリング(聞き取り)を行っており、お客様の実態に沿った書類を作成しています。

原則として手続きに必要となることを全て任せることが出来る。

障害年金の手続きにはお客様個々の状況により、それぞれ異なってくることがあり、基本的にはオーダーメイドの作業といえます。
したがってインターネットで調べて自分で手続きの準備をしても見当違いの結果となることもあります。
やはりこの点も経験と知識を持った社労士に依頼をすることで、客観的に見てもお客様にとって最適な申立書などを作成できることは大きなメリットになります。