手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:脳出血(右側頭頭頂葉皮質下)
  • 性別・年齢:男性 62歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:高次脳機能障害、視野障害
  • 決定等級:障害厚生年金2級(認定日決定)

 

脳出血(右側頭頭頂葉皮質下)の発症から障害年金の申請の経過

会社に出勤して来なかったため、同僚が自宅を訪問した際、倒れているところを発見され、救急搬送された。意識障害(JCS10)・左片麻痺・構音障害・左半側空間無視を呈しており、頭部MRIにおいて、くも膜下出血を伴った右側頭頭頂葉の皮質下出血との診断を受け、血腫及び周辺浮腫も強く、脳ヘルニアを起こしていたため、緊急開頭血腫除去術が行われた。摘出標本の病理検査において、脳血管アミロイド血管症に起因するものと判明した。左半側空間無視・病態失認・注意障害などの高次脳機能障害と視野障害は残存したが、リハビリテーションにて左片麻痺は改善し、半年後、退院するも、さらにその半年後、左後頭葉に皮質下出血を発症し、再入院となった。保存的加療を受け、1ヶ月後退院。現在は、病識に掛ける発言、注意力の低下、短期記憶力の低下等があるため、生活管理が困難で、単身での生活が出来ず、親族宅に同居し、同居人の支援や介護保険サービスを受けながら生活をしている。

ご紹介により弊所に来所され、手続きを代行させていただくことになった案件である。

申請手続きの感想・学んだこと

高次脳機能障害によりご家族様と一緒に来所され、面談しました。受診していた病院は1軒であり、その点では問題ありませんでしたが、診断書の作成に大変時間がかかり、決定まで時間がかかりました。
障害厚生年金2級と認定されました。

[sp-mieru][/sp-mieru]