手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:左乳がん、肝転移、多発骨転移
  • 性別・年齢:女性 53歳
  • 住所地:北海道
  • 障害の状態:左乳がん、肝転移、多発骨転移
  • 決定等級:障害基礎年金2級

左乳がん、肝転移、多発骨転移の発症から年金申請までの経緯

左乳房のしこりに気がつき、病院を受診した。
検査の結果、乳がんと診断され、切除術を受けた。その後、抗がん剤治療を受けたが、肝転移が判明し、さらに骨転移も認められた。
外出や家事についても一人で行うことができない状態にある。

申請手続きの感想・学んだこと

この事例は、請求人様の初診の病院と障害年金請求時にかかっていた病院が同じ病院であり、医証の入手など問題なく障害年金の請求としては早い処理ができました。
乳がんの場合は、診断書に記載された身体の状態は重要ですが、病歴・就労状況等申立書の記載内容も日常生活と障害状態を反映した記載が必要ですから、とても重要です。