手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:双極性感情障害
  • 性別・年齢:女性 41歳
  • 住所地:北海道
  • 障害の状態:刺激性、興奮、憂うつ気分、自殺企図、希死念慮、行為心拍、多弁・多動、感情昂揚・刺激性、思考奔逸、易怒性・被刺激性亢進
  • 決定等級:障害基礎年金2級

双極性感情障害の発症から障害年金申請までの経緯

幼少期に両親のネグレクト、中学生の頃にいじめを受けていた。
16歳の頃、自傷行為を行うようになり、さらに強迫神経症、摂食障害が現れ、精神科を受診。双極性感情障害と診断された。
薬物治療や入院治療など行ったが、改善が見られず、2年後に転院。
転院した病院に1年間通院するも、主治医の開業に伴い、さらに転院することとなる。
しかし、摂食障害の過食と拒食を繰り返し、症状は改善せず、三度目の転院となる。
現在も摂食障害など多くの症状に苦しみ、サポートの方の支援を受けている。

請求手続き・学んだこと

この事例は、初診から25年が経過しており、初診の病院は既に廃院としておりました。
しかし、この廃院した病院の経営母体が残存していたことから、連絡を取り、確認したところ、幸いにもご依頼者様のカルテが保管されていたため、初診日の証明を入手することができました。
診断書は、現在、かかっている主治医に作成していただき、病歴・就労状況等申立書についても、幼少期からのことをご依頼者様から充分に聴き取った上で作成し、提出致しました。
その結果、障害基礎年金2級と認定されました。