脳性麻痺 障害年金申請事例 障害基礎年金2級

手続を代行した結果・概要


  • 疾患名:脳性麻痺
  • 性別・年齢:男性20歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:運動発達の遅れ、左下肢・上肢の巧緻運動障害
  • 決定等級:障害基礎年金2級


脳性麻痺の発症から障害年金申請までの経緯

原因としては、周産期の脳疾患によるとの診断を受けている。
生後6か月より、お座り・寝返りができない等の発達遅滞のため、専門の医療機関を受診し、以来現在まで継続してフォローされている。

障害年金については、申請を検討されたご家族様から弊事務所にご相談をいただき、手続きを代行することとなりました。


請求手続き・学んだこと

初診日は、20年前に出生した際の病院であったため、カルテの保存状況を心配しましたが、幸いにもカルテが保存されており、受診状況等証明書を作成していただくことができました。
診断書については、かかっている病院が1軒であることから、特に問題もなく取得することができました。
障害認定日において、障害基礎年金2級と認定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ