慢性腎不全 障害年金申請事例3-障害厚生年金2級(事後重症)

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:慢性腎不全
  • 性別・年齢:男性62歳
  • 住所地:北海道
  • 障害の状態:人口血液透析
  • 決定等級:障害厚生年金2級
 

慢性腎不全の発症から障害年金申請までの経緯

6年前に頭痛やふらつきで病院を受診したところ、高血圧、高尿酸血症と診断され治療を開始した。
初診から5年後、しだいに血清カリウムが上昇し、腎機能障害が進んできたことから泌尿器科を受診した。
転院時にすでに尿毒症の症状が出ており、シャント術を実施し、その10日後より人工血液透析を開始した。
障害年金は、同じく透析を受けている知人に紹介され、当事務所にご連絡をいただき、手続きを代行した。

 

請求手続きの感想・学んだこと

この事例は、腎機能異常が発生してから5年経過後に人工透析となり、その1年後に障害年金の請求を行ったケースです。
初診から5年経過してからの透析導入のため、事後重症として手続きを行いました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ