手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:うつ病
  • 性別・年齢:男性 53歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:希死念慮、憂鬱気分など
  • 決定等級:障害厚生年金3級
 

発症から障害年金申請までの経緯

6年ほど前、仕事の配置転換があり、転換先の上司の威圧的な言動により気分の滅入りや食欲不振、入眠障害などの症状が現れた。
精神科に受診したところ「うつ病」と診断され、服薬とカウンセリングによる治療を現在まで継続している。
治療を継続しても症状が悪化し、仕事は退職を余儀なくされ、日常生活にも大きな影響があり、家族のサポートなしでは生活が出来ない状態となっている。

障害年金の請求については、ご家族から藤井法務事務所にご相談をいただき手続の代行を承りました。

 

裁定請求の結果は、障害等級不該当と決定され、ご本人の意向で審査請求を行なうことになりました。
審査請求の結果は棄却となったため、再審査請求を行なったところ処分取消しとなり、障害厚生年金3級と決定されました。

申請手続きの感想・学んだこと

再審査請求に際しては、裁定請求で使用した書類の中から障害等級不該当とされた原因を私どもなりに研究し、障害の状態がより審査機関に伝わるよう書類を提出いたしました。
その結果、障害厚生年金3級と決定されました。