マルファン症候群による心臓弁膜症‐障害基礎年金2級、審査請求で原処分変更

手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:胸部大動脈瘤、心臓弁膜症、慢性大動脈解離
  • 性別・年齢:女性37歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:慢性大動脈解離、胸部大動脈瘤、心臓弁膜症
  • 決定等級:障害基礎年金2級(等級不該当の処分取消→2級)
 

発症から障害年金申請までの経緯

ご相談頂きました方は、マルファン症候群を原疾患とした心臓弁膜症で、2級の障害基礎年金を受給されていました。
しかし、受給から1年経過後の更新時に「障害等級不該当」として支給を停止されてしまいました。

この決定を不服とした相談者様から、審査請求について、藤井法務事務所にご相談をいただき手続の代行を承りました。

更新時に提出した診断書の内容を確認し、「等級不該当」と判断された原因を探りました。
医療機関にもご協力いただきながら、当事務所が必要と判断した書類を揃え、審査請求を行ないました。

その結果、原処分取消となり、新たに障害基礎年金2級と決定されました。

申請手続きの感想・学んだこと

障害年金を受給すると、1~5年ごとに更新手続きがあります。
更新の際には診断書1枚を提出し、その内容により継続して障害年金を受給できるかが決定されます。

この事例から、更新の手続きも裁定請求と同様に「診断書の内容」が非常に重要となることがわかります。
更新の際にも、診断書の入念なチェック、時には医療機関や専門家への相談も重要となると考えます。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ