うつ病 障害年金申請事例 障害基礎年金2級

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:うつ病
  • 性別・年齢:女性 43歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:抑うつ状態(思考・運動制止、憂うつ気分)、易疲労感・全身倦怠感・意欲低下が遷延している
  • 決定等級:障害基礎年金2級

うつ病の発症から年金申請までの経緯

26歳時、第1子を出産したが、退院後から授乳に関する不安が大きくなり、産後1ヶ月が経過した頃、お産をした産院に相談したところ「マタニティブルー」と診断され、心療内科があり、母子が一緒に入院できる産婦人科を紹介された。
紹介された産婦人科を受診したが、自宅から遠い等の理由により、入院することに極度の不安を感じ、錯乱状態となってしまったため、入院は取り止め、他院を受診することにした。
翌日、他院を受診したところ「産後うつ病」との診断を受け、定期的に受診し、薬の処方を受けることになった。
また、医師からの提案により、子供と一緒に実家へ戻り、静養することも試みたが、田舎へ帰ることにより、都会へ移り住んでしまったことを後悔して苦しくなってしまい、頭痛や吐気、激しい動悸などの症状が出ることもあり、かえって逆効果となってしまった。
帰省中、実家の近くの心療内科へ転院し、2週間に1度の通院と薬の処方を受けていたところ、7ヶ月ほど継続した時点で症状が寛解し、生活への支障が無くなったことから、自己判断で通院を中止してしまった。
第1子を出産して2年半が経過した頃、第2子の妊娠が判明した。
妊娠中に薬を服用することに抵抗があったため、妊娠期間中は心療内科を受診しなかったが、第2子を出産後、再度、不安感や頭痛、頭重感、吐気、倦怠感等の症状が再燃したため、再度、心療内科を受診したが、第2子を母乳で育てていたため、処方された薬は自己判断で服用せず、通院も1度きりで中止してしまった。
しかし、体調不良の為、家事や日常生活上やらなければならないことは全く行うことが出来ず、夫や夫の両親、週2回来てもらっているヘルパーさんにやってもらったり、時には子供を連れて実家に帰省するなどして家族のサポートを受けながら、自宅に居る期間においては自宅付近の心療内科、実家へ帰省している間においては実家から通える心療内科をそれぞれ受診し、薬の処方を受けながら、現在に至っている。

5年ほど前に年金事務所へ行き、障害年金の申請を考えていたが、挫折し、放置していた。
当事務所のホームページをご覧いただいたご本人様よりお電話をいただき、受任に至った案件である。

申請手続きの感想・学んだこと

産後うつから発症した疾病に関するご相談はよく受けております。受診状況等証明書の入手は、17年前の受診でありましたが、入手出来、請求時現症の診断書を1枚入手し、事後重症請求を行いました。
病院の通院歴が複雑ではありましたが、病歴・就労状況等申立書を丁寧に作成し、請求しました。
その結果、障害基礎年金2級と認定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ