手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:多発性骨髄腫
  • 性別・年齢:男性 59歳
  • 住所地:北海道芦別市
  • 障害の状態:易感染性など
  • 決定等級:障害厚生年金3級
 

多発性骨髄腫の発症から障害年金申請までの経緯

2年ほど前、両脇腹と背中に痛みを感じるようになった。病院にかかり、検査を受けてみると、肋骨を2本骨折していたため、定期的に通院し、経過観察となった。3カ月ほど経過観察を行ったが改善が見られなかったため、別の病院にかかってみることにした。他院において検査を行ったところ「多発性骨髄腫」の疑いを指摘され、専門的な治療を受けられる病院を紹介してもらい、受診してみることにした。紹介された病院で精密検査を受けたところ「多発性骨髄腫」と診断された。すぐに入院となり、延べ5カ月程入院し、抗がん剤治療を行った。抗がん剤治療終了後、1カ月ほど入院し、自家末梢血管細胞移植併用大量化学療法も受けた。現在は通院をして点滴を受け、処方された薬を服用する形で治療を継続している。治療を継続しているが、背中に痛みがあることから家事はできず、家族のサポートの下で日常生活を送っている。仕事も、会社からの配慮により、背骨に負担のかかるような業務は免除してもらっている。
 
障害年金の請求について、藤井法務事務所にご相談をいただき、手続きの代行を行いました。

申請手続きの感想・学んだこと

初診日が2年前であったため、初診日の証明はスムーズに取得できました。診断書を取得し、しっかりと病状を反映した病歴・就労状況等申立書を作成し、申請を行いました。その結果、障害厚生年金3級と決定されました。