原発性免疫不全症候群 障害年金申請事例 障害厚生年金3級(事後重症)

手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:原発性免疫不全症候群
  • 性別・年齢:男性60歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:易感染など
  • 決定等級:障害厚生年金3級
 

原発性免疫不全症候群の発症から障害年金申請までの経緯

3年ほど前、レントゲン検査を行ったところ、縦郭腫瘤が見つかった。
さらに精密な検査を行ったところ、胸腺腫の疑いがあり、様々な検査の結果「低ガンマグロブリン血症」と診断された。易感染状態となっているため、早めに手術を受けるよう提案され、専門医を紹介してもらった。
専門医にかかり、胸腺腫切除手術を受けたが、改善は見られなかった。
しかし、術後の時点では、易感染状態ではあるが感染症はなかったため、経過観察となった。
現在まで定期的に経過観察を行っているが、口腔内に潰瘍や炎症ができ、食事に支障が出たり、下痢や息切れ、体重減少、微熱等の症状が続いたりしている。
このため、日常生活は家族のサポートが不可欠な状態となっている。
また、仕事も会社からの配慮により、軽易なデスクワークのみを行っている。

障害年金の請求について、藤井法務事務所にご相談をいただき、手続きの代行を行いました。
 

申請手続きの感想・学んだこと

症状が多岐にわたる傷病であったため、初診日の特定に非常に苦労しました。
また、ご請求者様の病状が審査機関にきちんと伝わるよう工夫を凝らしながら、病歴・就労状況等申立書を作成しました。
その結果、障害厚生年金3級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ