手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:筋強直性ジストロフィー
  • 性別・年齢:男性 39歳
  • 住所地:北海道
  • 障害の状態:手指筋力低下、ミオトニア現象による著しい巧緻運動障害
  • 決定等級:障害厚生年金3級(認定日決定)→障害厚生年金2級(請求日決定)

筋強直性ジストロフィーの発症から年金申請までの経緯

27歳の頃、指の第一関節が動かないなどの症状が出現し、その2年後に「両手が固まる」ようになったため、整形外科を受診した。
整形外科では、両手の症状であり、別な原因があるかもしれない、と精査をすすめられ、大学病院を紹介された。
精査の結果、筋強直性ジストロフィーと診断された。
その後、経過観察の為、定期的に受診したが、6年前より手の症状がすすみ、また、足も固まったような症状が現れ始めた。
筋強直性ジストロフィーの状態は、少しずつ進行して、手、足、首の筋力が著しく低下し、家族の介助が必要となった。

申請手続きの感想・学んだこと

障害年金の申請については、ご本人様から、当事務所にご依頼いただきました。
初診の整形外科ではカルテがなく、受診状況等証明書が取得出来ませんでした。
しかし、現在かかっている病院に前医からの紹介状があり、初診日を特定することができました。
診断書は、障害認定日と請求日現症の2通を作成していただき、病歴・就労状況等申立書も詳細に記載して、請求が完了しました。
認定日で障害厚生年金3級と決定され、請求日で障害厚生年金2級と変更されました。
結果的にこの事例は遡及請求となり、350万円が初回で支払われ、以後年金の定期支給を受けています。