脊柱変形 障害年金申請事例 障害基礎年金2級(20歳前障害)

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:脊柱変形
  • 性別・年齢:女性 38歳
  • 住所地:北海道石狩管内
  • 障害の状態:左下肢痛、腰痛
  • 決定等級:障害基礎年金2級

脊柱変形の発症から年金申請までの経緯

28年前(10歳)の頃に背中に不自然な突起があることから、整形外科を受診した。その結果、脊柱側弯症と診断され、脊柱の固定装具を作成し、装具を身につけながら日常生活を送っていた。
その後、成長につれ、装具が体に合わなくなり装具を外した生活となった。18歳まで不定期ではあったが整形外科で経過を観察していたが、引っ越しや結婚などで通院を中止した。
13年前(25歳)の頃より、腰痛を覚えるようになったが、日々の忙しさのため病院を受診することなく過ごした。
1年前に腰のほか足にも痛みがでるようになり、また、足の可動も異常に感じたため整形外科を受診した。精査の結果、側弯症と診断され、手術を受けるよう病院を紹介された。
以後、前方椎体固定術、側弯症固定術、腰仙椎骨盤固定術と手術を繰り返し受けることとなり、腰を曲げることができなくなり非常に不自由な生活を送っている。

申請手続きの感想・学んだこと

障害年金の申請については、ご本人様から、当事務所にご依頼いただきました。
初診が28年前と古く、カルテがなく受診状況等証明書が入手できない状況でした。
手続は多少困難な部分もありましたが、初診については第三者申立を活用しました。診断書については手術を行った病院で取得し、病歴・就労状況等申立書を詳細に記載して提出しました。
障害基礎年金2級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ