手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:高次脳機能障害、症候性てんかん
  • 性別・年齢:男性 27歳
  • 住所地:北海道
  • 障害の状態:認知機能低下(物忘れ、判断能力低下)
  • 決定等級:障害厚生年金2級(認定日決定)

高次脳機能障害、症候性てんかんの発症から年金申請までの経緯

2年前に職場の階段から落下、頭部を強打し、意識を失った。すぐに救急搬送されたが、打撲と診断され自宅に帰ったが、その日の夜から翌日にかけて頭痛と嘔吐が止まらず、翌日、脳神経外科を受診した。検査の結果、緊急性を要するものはないが、慎重に様子を見ていくようにと指示をされ自宅に戻る。その後も頭痛や嘔吐はあったが、特に病院にはかからず、市販薬で対処した。受傷後から、物忘れが多くなったことや性格の変化を周囲から指摘され、しだいに、奇行が現れるようになった。事故から1年後、吐き気やめまいが長期間続き、脳神経外科を受診した。1カ月、入院して検査を受けたところ頭部外傷後遺症による高次脳機能障害と症候性てんかんと診断された。現在、物忘れのため服薬管理もできず、また外出すると家に帰ることができないなど高次機能障害による多くの症状があらわれている。

障害年金は、ご家族様からご相談をいただき当事務所で手続きを代行した。


申請手続きの感想・学んだこと

この事例は、負傷から2年で請求に至ったため、障害認定日請求となりました。医証等の準備には特に問題はありませんでした。請求人様の障害状態を適切に反映した病歴・就労状況等申立書を用意して請求を行いました。