広汎性発達障害② 障害年金申請事例 障害厚生3級(遡及決定)

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:広汎性発達障害
  • 性別・年齢:男性51歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:抑うつ状態(思考・運動制止、憂うつ気分、身体不定愁訴)、遂行機能障害(注意障害、衝動性)、発達障害(相互的な社会関係の質的障害、言語コミュニケーションの障害、限定した常同的で反復的な関心と行動)
  • 決定等級:障害厚生年金3級

発症から障害年金申請までの経緯

学校卒業後、就職したが、コミュニケーションが苦手でうっかりミスも多く職場で冷遇されていた。

37歳ころより過呼吸、倦怠感、めまいなどの身体不定愁訴が悪化した。内科的な異常がなく、精神科を受診した。

注意欠陥多動障害の要素を伴う広汎性発達障害と診断された。

障害年金の請求については、ご本人様から手続を開始してみたが進めていくことができないと藤井法務事務所にご連絡をいただき手続の代行を承りました。

申請手続きの感想・学んだこと

受診していた病院は1軒であり、医証は問題なく入手できました。

病歴就労状況申立書については、出生から請求時までの51年間を整理作成し提出しました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ