うつ病 障害年金申請事例‐障害基礎年金2級 20歳前障害 障害認定日遡及決定

手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:うつ病
  • 性別・年齢:男性30歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:抑うつ状態(思考・運動制止、憂うつ気分)
  • 決定等級:障害基礎年金2級

 

うつ病の発症から障害年金申請までの経緯

高校入学後、人付き合いをしなくなり、外出も乏しい状態となった。

授業中に黒板を見ることができなくなり、また、話を聞くことができなくなったことで、精神科を受診した。

初診後、不登校となり、高校を中退した。その後も意欲減退状態が続いた、初診の精神科には9年間通院したが、入院治療が必要となったことで他の病院に転院した。。

転院後も抑うつ気分や意欲減退が持続しており、週に2日アルバイトを何とかしているが、自宅では自閉的に過ごしている。

障害年金の請求については、請求人様とご家族様と一緒に藤井法務事務所にご相談をいただき手続の代行を承りました。

 

申請手続きの感想・学んだこと

受診した病院は2軒であり、受診状況等証明書、診断書は問題なく入手できました。

病歴・就労状況等申立書を詳細に作成し、障害認定日と請求時の診断書を入手して申請したところ、障害認定日にさかのぼって障害基礎年金2級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ