高次脳機能障害 障害年金申請事例 3級

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:高次脳機能障害
  • 性別・年齢:男性47歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:注意障害、遂行機能障害
  • 決定等級:障害厚生年金3級

発症から障害年金申請までの経緯

1年6か月前、道端で転倒し頭を強打した。倒れているところを発見され、病院へ緊急搬送された。

「外傷性くも膜下出血」と診断された。

手術は行なわず保存的治療を行なっていたところ、ある日を境に幻覚が見え始めた。

また、飛び降りたい衝動にかられる、暴れて点滴を抜いてしまう等の症状が出てきたため、常時医療スタッフの見守りが必要な状態となった。

そのため、精神科のある病院へ転院することとなった。

転院後は、高次脳機能障害による注意障害や遂行機能障害に対する治療を継続している。

日常生活では、思考能力が徐々に低下しており、多くのことに家族のサポートを必要としている。

 

障害年金については、ご家族よりご相談を頂き、藤井法務事務所で手続きを代行させていただきました。

請求手続き・学んだこと

 

初診日より1年6か月経過後すぐに申請を行ないました。

「高次脳機能障害」による症状や日常生活への影響等をきちんとまとめ、審査機関に伝わるように書類を作成し、請求を行なった結果、障害厚生年金3級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ