頚椎・腰椎挫傷による右上・下肢の著しい機能障害‐障害基礎年金2級、再審査請求で原処分変更

手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:頚椎・腰椎挫傷による右上・下肢の著しい機能障害
  • 性別・年齢:男性56歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:排尿障害、性機能障害
  • 決定等級:障害基礎年金2級
 

発症から障害年金申請までの経緯

1年半前の交通事故により、頚椎・腰椎を挫傷し、右上・下肢に著しい機能障害が残った。

それにより、車椅子での生活となった。日常生活の多くのことに介助が必要な状態となり、仕事もできなくなってしまった。

障害年金の請求については、藤井法務事務所にご相談をいただき手続の代行を承りました。

 

裁定請求の結果は障害等級不該当と決定され、ご本人の意向で審査請求を行なうことになりました。

審査請求の結果は棄却となったため、再審査請求を行なったところ原処分変更となり、障害基礎年金2級と決定されました。

申請手続きの感想・学んだこと

障害年金の不支給決定書には、どのような点から不支給と判断されたのかについて、具体的な理由は書かれていません。

そのため、再審査請求に際しては、不支給に該当したと思われる理由を推測するところから始め、不支給理由を覆すための書類を作成します。

本件では、それが認められ障害基礎年金2級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ