脳梗塞 障害年金申請事例5-障害認定日決定 障害基礎年金2級

手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:脳梗塞
  • 性別・年齢:女性 49歳
  • 住所地:北海道江別市
  • 障害の状態:右上下肢麻痺、失語症
  • 障害基礎年金2級
 

 

脳梗塞の発症から障害年金申請までの経緯

右上肢に痺れ・脱力感が生じ、翌日脳神経外科を受診したところ、MRI検査によって左頭頂葉に脳梗塞が見つかり、すぐに入院設備のある他院へ入院することとなった。
急性期の治療後、後遺症として右上下肢麻痺と失語症があったことから、他院に転院し、3ヶ月以上に及ぶリハビリを行い、若干改善したが、その後も定期的な通院と服薬は続けているものの、現在も障害が残存したままの状態である。

ご主人から弊事務所宛にお問い合わせをいただき、申請に至った案件である。


請求手続き・学んだこと

医証の入手は問題なく出来ました。請求人様の日常生活における具体的な不具合を充分に聴き取りしながら、病歴・就労状況等申立書を作成しました。
その結果、障害基礎年金2級の認定を得ることが出来ました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ