乳がん⑥ 障害年金申請成功事例-障害厚生2級(事後重症)

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:左乳がん
  • 性別・年齢:女性48歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:全身倦怠感、疼痛
  • 決定等級:障害厚生年金2級

乳癌の発症から年金申請までの経緯

6年前、もともとあった左胸のしこりが大きくなっている気がしたため、医療機関に受診した。

乳がん検診の結果、「左乳がん」と診断され、すぐに腫瘍摘出手術を受けた。

術後は、ホルモン療法を受けながら自宅療養を行ったが、再発が見つかり再手術を行うことになった。

しかし、手術前の検査で転移が発見されたため、手術は行わずに抗がん剤治療を進めていくことになった。

抗がん剤治療の副作用が強く、倦怠感から日常生活の多くのことに家族のサポートが必要な状態であった。

また、転移が進み、全身に痛みが生じるようになり、一日の多くを横になって過ごさざるを得なかった。

 

障害年金の手続きについてはご家族様から相談を受け、当事務所で代行することになりました。

申請手続きの感想・学んだこと

乳がんとその転移により、早急な手続きが必要な案件でした。

医療機関発行の書類、病歴就労状況等申立書を可能な限り短期間で準備し、請求を行いました。

申請の結果、無事に2級が認められました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ