1型糖尿病① 障害年金申請事例 障害厚生年金3級

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:1型糖尿病
  • 性別・年齢:女性 48歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:血糖コントロール不良
  • 決定等級:障害厚生年金3級

1型糖尿病の発症から年金申請までの経緯


10年前に、異常なのどの渇きや全身倦怠感などの症状が続くことから内科を受診した。

検査の結果、糖尿病と診断され、服薬を開始したが効果がなく、インシュリン注射の開始となった。血糖コントロールはある程度できていたものの医師の指導が適切と感じられず、糖尿病専門医に転院することとした。

転院後、あらためて検査を受け1型糖尿病と診断された。
日々の血糖値変動が激しく低血糖の状態になることが頻繁にあり、会社の勤務時間中でも仕事を中断して血糖測定や低血糖時・高血糖時の対応が必要となっている。


この度の障害年金の手続については、ご本人様より弊事務所ご連絡を頂き、申請を代行することとなりました。

申請手続きの感想・学んだこと

初診から10年という期間での申請となりましたが、受診状況等証明書も入手でき、現在受診中の病院で診断書を作成していただき、病歴就労状況等申立書を作成しました。

病歴就労状況等申立書は、ご本人様から十分にお話をお聞きして就労時の状態や日常生活における障害状態など的確に反映するように準備しました。

障害厚生年金3級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ