左乳がん⑧ 障害年金申請事例 障害厚生年金2級

手続を代行した結果・概要

  • 疾患名:左乳がん
  • 性別・年齢:女性 48歳
  • 住所地:北海道札幌市
  • 障害の状態:抗がん剤投与の為、全身に筋肉痛のような症状があり、倦怠感が強い。
    その他、味覚障害、めまい、ふらつき、足がつりやすい等。
  • 決定等級:障害厚生年金2級

左乳がんの発症から年金申請までの経緯

41歳時に受けた乳がん健診の触診において左胸のしこりを指摘され、すぐに大きな病院で精密検査を受けるよう勧められた。
10日後、大学病院の乳腺外科で精査を受けた結果「左乳癌」と診断され、すぐに手術が必要な状態であったため、1ヶ月後、乳腺悪性腫瘍手術を受けた。
3年後、局所的に再発していることがわかり、さらには術前の検査において多発してリンパ節にも転移があることが判明したため、手術は行わずに月2回の抗がん剤治療を行っていくことになった。

当事務所のホームページをご覧いただいたご本人様よりメールにてお問い合わせをいただき、受任に至った案件である。

年金決定がなされた後も、更新手続きの際には弊事務所へご連絡をくださり、現在も継続してフォローをさせていただいております。

申請手続きの感想・学んだこと

ご請求人様の協力を得て、2週間ですべての手続きが完了したスピード案件でした。
かかっていた病院も1軒ということであり、迅速な処理も可能であったと感じております。
診断書を入手後、病歴・就労状況等申立書を作成して、提出を完了しました。
その結果、障害厚生年金2級と決定されました。

無料相談・お問い合わせ

電話番号:011-252-7166
電話相談時間:10:00~18:00
↓メール無料相談はこちらをクリックして下さい↓

お問い合わせ
※障害年金の手続きが遅れることで、受給できるはずのものが受給できないことがあります。  障害年金の請求を思い立ちましたら、まずは、藤井法務事務所 障害年金研究室 にお気軽にご連絡ください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ