手続を代行した結果・概要

 
  • 疾患名:統合失調症
  • 性別・年齢:男性39歳
  • 住所地:北海道深川市
  • 障害の状態:幻覚、妄想、自閉、抑うつ状態
  • 決定等級:障害厚生年金2級(遡及分は等級不該当) → 障害厚生年金2級(遡及分は3級)へ原処分変更
 

統合失調症の発症から障害年金申請までの経緯

13年ほど前、めまいや倦怠感から「うつ病」と診断された。
治療を継続していたが、幻聴や妄想などの症状が現れ「統合失調症」と病名が変更された。
社会的に孤立し、自宅に引きこもる生活を送っていた。
闘病生活の中で、障害年金の制度を知り、自ら申請書類を揃え、申請を行なった。
その結果「さかのぼり請求分は不支給、事後重症分は3級の障害厚生年金を支給」と決定されたが、この結果を不服として、審査請求の手続き代理のご依頼を頂きました。

今回行なった請求(裁定請求)について詳しくヒアリングをすると、診断書に記載漏れがあったことが判明したため、医療機関にご協力いただき、新たな診断書を用意して審査請求を行ないました。
その結果、原処分変更となり、さかのぼり請求分は3級、事後重症分は2級の障害厚生年金の支給が決定されました。

 

申請手続きの感想・学んだこと

この事例から、障害年金の申請書類を用意する際に、記載漏れがないか等をしっかりと確認することの大切さを改めて感じました。